フコク生命

ほかの子供を怪我させた時に大活躍

学資保険は基本的に子どものための保険なので、様々な特約を付けて保障を手厚くした方が良いように感じる人も多いでしょう。
しかし、この方法はあまり得ではない場合があります。
実際にシンプルに貯蓄を目的とした学資保険と、保障を目的とした学資保険では月々の保険代に差があります。
保障を目的とした分払い込み保険料は高くなり、返戻率は下がるというのが通常です。

子どもは何をするかわかりません。
自分が怪我をする事もありますし、相手に怪我をさせてしまう事もあります。
その時のためにと学資保険に特約をつける事も手ではありますが、その場合は掛け捨てタイプの共済や、自治体の自転車保険等で十分保障される事がありますので、学資保険とは分けて考えるのもひとつの手です。

ほかの子どもを怪我させてしまった時、それが大きな怪我だった場合には大変です。
子どもを持った場合、必ずこの保障を持った保険に入る事は必要不可欠です。
学資保険だけで払い込んだ方がお得なのか、別の保険にこの特約を付けた方が全体の払い込み料は少なくて済むのか、十分検討してから契約に望んでください。
毎月は微々たる差だとしても、子どもが成人する直前まで払い込む保険料の総額で言うと大きな差になっています。
より良い保障内容で、安心のプランを見つけてください。


このページの先頭へ