フコク生命

子供が生まれたら学資保険に入る

親から子どもへの最初のプレゼントと言えばいろいろあるかと思いますが、学資保険もその一つです。
初めての子どもが生まれたばかりだと、赤ちゃんにかかる費用の多い事に驚いたりもしますが、今後かかる教育費と比較してみるとやはり大した事がないと判断出来るのではないでしょうか。

自治体によって差がありますが、特別な場合を除いて小さい頃は医療費もかかりません。
母乳やミルク等でさほど食費もかかりません。

親は我が子の成長を望むものです。

子どもが健やかに育つとだんだんと欲が出て来ます。
より賢い子に育つようにと、塾や習い事にお金をかけたくなってきたりもします。
教育費というのは、使おうと思えば際限なく使えるもので、まさに湯水のようにお金が出て行くと感じる日が来るかも知れません。

また、体が弱かったり、大きな怪我をした時には予想外の出費があるでしょう。
そういう時に慌てなくて済むように、学資保険を検討する事が大切です。
必要になった時に掛けてもお祝い金がすぐに出るわけではありません。

子どもを授かったら、出産準備とともに学資保険の検討も視野に入れると良いでしょう。
たくさんの種類があります。
貯蓄型が良いのか、医療保障等が充実しているものの方が良いのか、早めの加入は掛け金も安い場合もありますので、比較検討してみるのも手です。


このページの先頭へ