フコク生命

学資保険で教育費対策を行う

家計が苦しくなってくると、貯金は後回しになりがちです。
子どもがいる家庭では、親の経済状況に関係なく教育費がかかる場合がほとんどです。

将来子どもに教育費がかかるからといって、苦しい家計の中から優先的に「将来の教育費」の為の貯金が出来る人がどれだけいるでしょうか?
やはり目先の生活費に追われていて、残ったら貯金というパターンになる事の方が多いでしょう。

貯金が苦手な人には特に学資保険は魅力的な商品です。
子どもの進学に合わせた一時金が出る事はもちろん、病気や怪我の時に必要な医療特約が充実していればもしもの時に安心です。
また、子どもだけでなく、契約者本人に万が一の事があった場合なども保障されますので、将来の教育費対策としては理想的だと言えるでしょう。

一括で払うには大きい教育資金、必要な時に慌てない為にきちんと検討しておく事が不可欠です。
自分の子どもがどんな場面でどのくらい教育費が必要になるのか、保険会社やファイナンシャルプランナーに相談して、将来の教育費を一度シミュレーションしてもらうと良いでしょう。
将来教育費に対して不安を感じずに済むように、子どもが小さいうちから検討し、出来れば学資保険に加入しておきましょう。
学資保険とは文字通り「保険」ですが、どちらかというと教育費の貯蓄を目的とした選ばれ方をしている商品です。


このページの先頭へ