フコク生命

学資保険の詳細について

子どものために掛ける保険はいくかあります。
学資保険もその一つです。

子どもがいない世代でも、学資保険という名称をテレビCMやインターネット、雑誌広告等で聞いた事があるという人は多いでしょう。
では、学資保険とは何でしょうか?
子どもが生まれて成長して行くと、教育費がかかります。

昨今、国や都道府県によって様々な子どもに対する補助があり、また公立校の学費は基本的に無料化されてきています。
それを聞くと、教育費は昔と比べてかからないようにも受け取る事が出来ます。
しかし、不景気であっても一番節約しにくいのが「教育費」です。
子どもの将来を考えると、今かかるであろう教育費を削る事に抵抗がある場合がほとんどです。

そこで学資保険が役に立つのです。
学資保険にもいろいろありますが、代表的なものが貯蓄型で、大切な節目には一時金がでるという商品になります。

小学校入学時、中学・高校入学時、専門学校や大学入学時など、通常の授業料の他に必要なものがたくさん出て来ます。
保険的な考えよりも、子どもの年齢によって必要な時に一時金を受け取る事を目的としたものが多く、それに医療保険等がついていると考えると分かり易いかもしれません。
また、保険の契約者が他界してしまった時などは、それ以降の支払いが免除されるものがほとんどですので、万が一の場合も子どもを守れるものになっています。


このページの先頭へ